戯言

世の中の不平等

前にお金持ちと貧乏人の話を書いた気がする。

今回は、言葉をうまく使える人と使えない人のお話。

 

私はよく、人の言葉に励まされ、勇気付けられる。

こんな下らない奴に、温かい言葉の数々、ありがとう。

 

同じ日本語を使っているはずの私、使いこなせてないなぁ。

と思っていたら、励ましたことがあったらしい。

『実習で、受け持ち患者さんの状態が良くなったら、(自分の)頑張りのお陰。

悪くなったのは、その時にたまたま当たっただけ。』

…、ろくなこと言ってない。看護者として、これでいいのか。

| | コメント (0)

『淋しい』

の一言が言えない。

誰かにそばにいて欲しい。

誰かのそばにいたい。

| | コメント (6)

想定外に早い更新

(暫く休もうかと思ったのですが、記録を残しておこうと思って)

 

先生が乳がんで来年1月まで病気休暇を取ることになりました。

担任になったこともなく、授業・実習以外で関わったこともなく、

どちらかと言えば苦手な先生。

でも、先生の姿を見て、話を聞いて、複雑な気分になりました。

今の私、知り合った人を大切にしてないなぁって。

自分の恋愛すらどーでもいいのに、人の恋愛なんて更にどーでもいい。

人間関係の悩み、相談しないで欲しい。知らない方が楽だし。

…、人の話をちゃんと聞けない私。

いや、聞こうとしていない。

明日からは、聞ける余裕を持っていこう。

| | コメント (2)

履歴書

看護学校での2年半、見守ってくれた友曰く、

私の長所は『感情を表に出さす行動できるところ』、

短所は『言わずに溜めて、一人悩むところ』。

…、どういうのが、『感情を表に出す』ってことなんだろう。

笑いますよ、感動して泣いたりしますよ、機嫌も悪くなりますよ。

色々話もしたと思いますよ(確かに最近、面倒くさくて話さないことも多々あるけど…)

 

どんなに言葉で気持ちや考えを説明しようとしても、完璧に話すことは出来ないし、

ある一場面を見て物事を(全て分かったように)判断することもある。

結局、人は分かり合えるものではない。

 

でも、少しでも理解してもらいたくて、

少し理解してもらえたら、もっと理解してもらいたくて、

ペンをはしらせたり、

鍵盤をたたいたり、

絵の具を重ねたりする。

 

分かり合えないからこそ、表現する。

答えが見えた気がする。あぁ、そういうことなんだ。

| | コメント (2)

機嫌の悪い時の過ごし方

ベランダでタバコ。

(体調不良のため1本でクラクラ…)

送られてきたメールに返信しない。

(「生きてるか?」って聞かれたら返します)

晩御飯おかわり。

(食べ過ぎて気持ち悪い)

テレビで現実逃避。

(福山雅治さん、かっこいい。母と共に大絶賛)

ふて寝。

(腕についた畳の跡が消えない)

 

悪循環の数々。

機嫌が悪き時こそ、前向きにすごさなくちゃいけないってことに、

今気付いた。

前向きになるため、ベッドで寝ます。

…、その前に、ルー語をポチポチッと。

| | コメント (2)

ぶつけどころのない思い

…、うっかり友達に「精神科実習に行ってる」って言ってしまった。

精神科に偏見がある人ってわけでなく、友達の旦那さんがそういう関係の仕事をしていて、きっと色々言ってるんだろうなぁって思って。

正直、この旦那さん苦手。奥さんにプレゼントした絵本にケチつけるし、私の就職先のことゴチャゴチャ言うし。旦那さんにはカンケーないのに。

気にしなければいんだけど。

もうひとつ、気にしなければいいこと。

あまり仲良くないクラスの人に相談された。

『もう、あのテンションについていけない。でも、友達減っちゃうし。』

こういう話聞くと、変に気をつかってしまう。

知らなければ、何も考えずにいられるのに。

 

でも、辛い時は相談もしたくなるよ。

私もそう。落ち込んだ時は『頑張れ』って言ってもらうだけで、前に進める。

…、『頑張れって言わないこと。相手は頑張ってるんだから』って言われたこともあるけど、私は応援されたい(これって、頑張ってないってことか?)

 

辛そうな私を見かけたら、『頑張れ』って言ってやってください。

きっと、前に進めます。単純ですから。

 

長い上にまとまりがない。

結局、明日提出の課題が終わってないから、現実逃避したいだけ。

| | コメント (4)

残りの夏休みの過ごし方

大学生はいいなぁ。あと1ヶ月もあるんだって、夏休み。

私は、あと10日。

…、社会人になったら10日でも十分長いわけで、1ヶ月の夏休みなんてとれないわけで。

 

今日、半日考えていたこと。

看護に関連した科目の他に、小論文、英語、面接(これはまぁいいや)。

倍率10倍でしょ。受かったら、ラッキーなんでしょ。

今、頑張ることが無駄に思える。

…、8年前の自分、去年の自分、もっと頑張っておけよ。

助産学校の推薦もらうのに、ホントに少し基準が満たせてない(看護学校に入る前に、大学に行ってたから、大学でとった単位が認められて、受けてない授業がある。その成績も含めて、評価されるらしい)。

大学の頃なんて、授業1度も出ずに単位取得したこともあったし、

去年は月100時間バイトしてたし。

ちっとも頑張ってなかった。

だから、今頑張らないといけないのかな。

…、まさか、8年前の自分に、こんなに苦労させられるとは思わなかった。

 

わかりました、残りの夏休み、というか看護学生である時間は、勉強頑張ります。

| | コメント (0)

低空飛行、続行中。

書いたら、きっと楽になる。

でも、うまく言葉にできないし、書く気力もない。

 

墜落しないよう注意しながら、もう暫く低く飛び続けてみます。

| | コメント (4)

やる気ゼロ…

周りは物凄いスピードで進んでいる気がして、

ちゃんと結果が出せてる気がする。

 

走ってるつもりなのに、全然追いつけなくて、

頑張ってるつもりなのに、結果につながらない。

 

双六なら、1回じゃなくて2回3回と休みが欲しい。

もうすぐ夏休み。

 

あぁ、スゴロク。

無事に終わるといいね。

手術って受けるより、見るほうが緊張する。

だって、見学者には麻酔がないから。

| | コメント (4)

どうして看護師目指したの?

実習中、患者さんに言われた一言。

看護学校3年目、久しぶりの質問で「どうしてだっけ?」と考えてしまった。

 

受験する時には、それなりに理由はあった。

旅行先で具合の悪い人を看病してる看護師の友人の姿を見て、凄いと思った。

心理学を勉強して、「心理学って胡散臭い。もっと違う方法で、人を見たい」とも思った。

「手に職だ」とも正直思った。

 

今はどうだろう。

友達が妊娠して、『小さいから、次の検診の時には心臓が動いてないかもしれないって言われた』ってメールが来た時、何も言えなかった。

別な友達(看護師)が流産して、『流産って案外起こるもので、でも、まさか自分がって気持ちがあって。動揺した。』と聞かされたとき、やっぱり何も言えなかった。

その時言えなかった何かを言える人になりたい。

だから、助産師になりたいと思った。

 

結局、人の役に立ちたいんだ。

存在意義を確認しようとしている。

…、ずっと周りにいてくれる人すら大切に出来ないのに、

一時的に関わる患者さんをどこまで大切にできるんだろう。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧