« 分からない。 | トップページ | 実習記録(その1) »

5日くらい前のニュースだけど、

フィリピン人看護師受け入れについて。

授業でも取り上げられたことがある、クラスで意見交換しなさいと。

「看護の質が低下する」、「特に高齢者は抵抗を感じるのではないか」と言う反対意見や、「人手が足りないから仕方ない」、「きちんと教育すれば問題ない」と言う賛成意見。私は賛成派。私が出会ったフィリピンの方々はいい人達ばっかりだったし、真面目だったから。

ニュースでは、看護師の海外流出が続いていること、看護学生の3~4割が海外での就職を希望していることが取り上げられていた。インタビューに答えていたフィリピン看護協会の人は高い水準の医療を受ける権利は私たちにもあるってことを言っていた。その通りだ。

(私を含めて)意見交換では、制度が始まると日本がどうなるかってことばかりだった。労働者を送り出すフィリピンのことは頭になかった。このことは、もっと幅広く考えていかないと、フィリピン、日本の両国にとっていい結果にはならないのではないか。

…、「自分にどう影響するか?」ってことばかり考えて動く私。「周りのために」って思いばかりで動くことはできないけど、少しでも相手への影響を考えられる人になりたい。周りに人がいてくれないと生きていけない奴なので、頼ってしまう分、ちゃんとお礼はしたいのです。

|

« 分からない。 | トップページ | 実習記録(その1) »

「看護学生らしく」カテゴリの記事

コメント

難しい問題ですよね。
受け入れる日本としたら、外国人に日本人の
雇用機会を奪われちゃうという見方もあるし。
かといって、人手不足の現実は変わらないし。
 
反対に送り出す国の事情としても、貴重な
人的資源が流出しちゃうと、国力も低下してしまう。
税金とか社会保障のシステムも違うでしょうし。。。
 
結論は簡単に出ないけど、きっとそうやって
議論することで見えてくる何かがあると思います。
 
…そういえば私も学生時代はくだらないこと(?)で
議論していました。懐かしいなぁ~(笑)。

投稿: RIKO | 2007年1月15日 (月) 09時16分

う~ん・・・。看護士ってだけでなくいろんな国の方が日本に働きに来てるでしょ。それについて、年配の方達からの同意を得るのって特に難しいよね。真面目に働いてくれるなら問題ナシ!なんて安易なものでもないんだろうし・・・。
お礼かぁ~。しなくちゃいけない人がたくさ~んいるわ。助けてもたってばっかの人生やもん・・・。
いつになったら、何かをお返しできるような人間になれるんやろ?(アタクシにゃ無理な話か!?)

投稿: 羽音 | 2007年1月15日 (月) 14時21分

色んな法律やら制度やらが出てきて、難しいですね。
「面倒だ」と無視することは簡単だけど、それ以上の結果はないし…。この問題に限らず、話し合うことで何かが見つけられるといいですね。確かに、学生の頃って、無駄に話し合います。グループワークの多いこと…。

投稿: RIKOさんへ | 2007年1月15日 (月) 19時58分

「英語が通じない」って理由で敬遠する人もいるみたいです。確かに、日本語は難しい。外国人がもっと身近な存在になったら、受け入れる側の心境にも変化が出るんですかねぇ。

助けてもらえるのっていいことです。嫌な奴には手を貸しませんし。『甘えられる時は、甘えておけ。そのうち許される環境じゃなくなるから。』と友達に言われて以来、甘えっぱなし…。

投稿: ネェさんへ | 2007年1月15日 (月) 20時03分

まず始めに、
ゴメンm(__)m
コメント貰ってたのに、ブログ再開したこと気付かなかった。
今日になって初めてここに気付いて、急いでやって参りました!
本当に間抜けなのぐを許してね。

島国日本は、国際社会になった今でも、
外国人に対しての意識改革ができていないのかも。
話は違うけれど、私の知っている人は、「フィリピン人だから」という理由で考えられないほどの低賃金で働いている。
ちゃんとした条件で職に就けている人のほうが少ないかも。
国籍じゃなくて、人と人として、互いにプラスになるような関係を結べるように考えなきゃいけないのに・・・
難しい問題だね。


投稿: のぐのぐ | 2007年1月16日 (火) 16時37分

『ブログ始めました』と言い切って、続かなかったら嫌だなぁなんて思いながら、地味にやっております。次来た時はなかったってことがないように頑張ります。

自分で記事書いておきながら、コメントを読んで考えさせられます。ホント、深い問題なんだなぁって。日本は、国際社会なのかなぁとふと疑問が。国際人としての振舞い方より英語教育先行のイメージが…。意識改革されればいい方向に進む問題って結構あるんじゃないかと思えてきました。

投稿: のぐりんへ | 2007年1月16日 (火) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 分からない。 | トップページ | 実習記録(その1) »